肩こりの食べ物

肩こりに効果がある食べ物とはどんなものがあるか知ってますか?身体を温める食べ物、鉄分が多い食べ物、血行をよくする食べ物が肩こりには効果的なんです。

肩こりに効く食べ物とは

肩こりを回復させるにはビタミンEなど血行を良くし身体を整える食べ物や鉄分が多い食べ物、冷え性を緩和する食べ物が効果的と言われています。特に女性は妊娠中や月経中は鉄分が不足しやすく、慢性的に鉄分が不足している発症する鉄欠乏性貧血の症状がある場合も女性が圧倒的に多いので、鉄分を多く含む食事へと食習慣を改善することで肩こりが緩和される可能性が高いかもしれません。また冷え性も肩こりに多い傾向で、冷え性の女性も多いので、身体を温める食べ物を摂取するようにして身体を冷やす食べ物はなるべくひかえるようにしましょう。

身体を温める食べ物

身体を冷やす食べ物は冷たい飲み物の他にも、生野菜のサラダをたくさん食べることで身体が冷えます。ただし野菜を食べないわけにはいきませんので、野菜を使った料理や温野菜などを食べるようにすればいいと思います。身体を温める食べ物は温かい食べ物だけでなく、赤唐辛子、ショウガ、ゴマ、クコの実などです。

鉄分が多く含まれている食べ物

レバーやアサリに鉄分が多く含まれています。その他、大豆の食品にも鉄分が含まれていますが、レバーと比べると大豆の鉄分は身体が吸収しにくい面があるので、ビタミンCが含まれている果物などと一緒に食べることで大豆に含まれている鉄分の吸収が高まります。

血行をよくするビタミンEが含まれている食べ物

アーモンド、落花生、ひまわりの種、うなぎ、あゆ、ます、はまちなどにビタミンEが多く含まれています。またビタミンEには抗酸化作用もありますが、ビタミンCと一緒に摂取数となお効果的です。

関連記事

胃潰瘍による肩こり - 肩こり要因のひとつである胃潰瘍の対策と治療について。思わぬ病気の前兆やきっかけであることも多い。ストレスなどと安易に考えずに医師による治療が必要。

十二指腸潰瘍で肩こり - 空腹時や夜間の腹痛と肩こりの症状の原因は十二指腸潰瘍の可能性があります。ただし自己判断は禁物。その他の疾病の可能性も高い。必ず医師の診察を受けよう。

眼瞼下垂症で肩こり - 身体の関節などに異常がないのに、つらい肩こりの症状がある原因は眼瞼下垂症かもしれません。眼科での診察が必要。ときに手術が必要となることも。

子宮内膜症で肩こり - 子宮内膜症になると、肩こり、頭痛、腰痛などを伴う激しい月経痛がだんだんひどくなっていきます。子宮内膜症の症状、検査、手術とは?不妊との関係は?妊娠、出産の可能性は?

肩こりと胸郭出口症候群の症状 - 肩こりだけでなく、手もしびれるようになってきた。肩を上げたり、腕を上げると、手の痺れが止まるなら、胸郭出口症候群かもしれません。

胸郭出口症候群による肩こり - 胸郭出口症候群が原因により、肩こりが生じることがあります。胸郭出口症候群が起こる原因は?対策はあるのでしょうか?

髄膜炎で肩こり - 首がコチコチに硬くなり、後頭部に頭痛があり、熱があるときは、ただの肩こりではなく、髄膜炎かもしれません。髄膜炎による肩こりの症状とは?

頭痛で肩こり - 肩こりで悩んでいる方の多くは、頭痛を感じている方も多い。肩こりの原因は?対処法は?その場の対処だけして、肩こりのまま慢性化していても問題ないのでしょうか?

肩こり治療の初診料 - 肩こり治療の初診料が病院によって違うことを知っていましたか?整形外科や肩こり外来へ行く際の参考にしてくださいね。

顎関節症で肩こり - 肩こりに悩まされていて、アゴのあたりに痛みや不自然さがあるとき、もしかしたら顎関節症かもしれません。顎関節症が原因による肩こりの症状とは?

カテゴリ

原因と対策

肩こりの原因が何らかの病気に起因するケースと運動不足など生活環境で肩こりになっているケースもあると分かっていても、一時的ではなク完全に回復するとは限らない。肩こりを解消するために肩こりの原因と対策を探る。

治療

肩こり治療の方法はさまざまですが、肩こり外来や整形外科、整体、鍼灸、漢方などの医療から診察の受け方まで、私自身の体験談だけでなく家族、友人、知人の体験談などの情報です。

症状

肩こりの症状はさまざまで肩以外の身体の部分に痛みを伴うものが多く、肩こりが何か別の病気の危険信号やメッセージであることが多い。肩こりを解消するだけでなく、肩こり以外の病気の症状にも目を向ける。

注目記事

ストレスやうつ病で肩こり

著者情報

井上

このエントリーをはてなブックマークに追加