眼瞼下垂症で肩こり

身体の関節などに異常がないのに、つらい肩こりの症状がある原因は眼瞼下垂症かもしれません。眼科での診察が必要。ときに手術が必要となることも。

眼瞼下垂症の症状

眼瞼下垂症とは、上のまぶたがたるみ、まぶたが下へ垂れ下がることで、目が小さくなったり、目が開きにくくなったりする症状のことです。また視界が遮られるために、視力低下や視界の上方部分が見えにくくなります。

肩こりの原因

まぶたの内側には、瞼板という軟骨組織があり、瞼板は腱摸とミュラー筋と接合し上眼瞼挙筋に繋がっています。目を開くときに、まぶたを上げる運動は、上眼瞼挙筋が腱摸とミュラー筋を通じて瞼板を引き上げ、まぶたを上に引っ張る動きになります。この上眼瞼挙筋の動きは本来、腱摸が中心であり、ミュラー筋は補助なのですが、腱摸が瞼板と断絶することで、補助であるはずのミュラー筋に負担を掛けます。ミュラー筋は自律神経への作用と関連しているため、身体のバランスを崩す結果に繋がりやすくなります。眼瞼下垂症になると、身体の筋肉や神経の作用バランスが崩れ、自律神経にも作用します。また、視界の上方部分が見えにくくなることで、無意識に顎を前に突き出したような姿勢で物を見るようになり、僧帽筋など背中の筋肉や首に負担を掛けます。これらの理由により、ひとい肩こりの症状を受けやすくなるのです。

眼瞼下垂症なら眼科へ

加齢により、確かにまぶたはたるみます。しかしながら、眼瞼下垂症は美容という見方ではなく、立派な病気であり、肩こりは身体の不調を訴える体のシグナルでしかありません。眼瞼下垂症と思われる場合は、眼科など、医師の診察を受けられることを推奨します。

関連記事

胃潰瘍による肩こり - 肩こり要因のひとつである胃潰瘍の対策と治療について。思わぬ病気の前兆やきっかけであることも多い。ストレスなどと安易に考えずに医師による治療が必要。

十二指腸潰瘍で肩こり - 空腹時や夜間の腹痛と肩こりの症状の原因は十二指腸潰瘍の可能性があります。ただし自己判断は禁物。その他の疾病の可能性も高い。必ず医師の診察を受けよう。

子宮内膜症で肩こり - 子宮内膜症になると、肩こり、頭痛、腰痛などを伴う激しい月経痛がだんだんひどくなっていきます。子宮内膜症の症状、検査、手術とは?不妊との関係は?妊娠、出産の可能性は?

肩こりと胸郭出口症候群の症状 - 肩こりだけでなく、手もしびれるようになってきた。肩を上げたり、腕を上げると、手の痺れが止まるなら、胸郭出口症候群かもしれません。

胸郭出口症候群による肩こり - 胸郭出口症候群が原因により、肩こりが生じることがあります。胸郭出口症候群が起こる原因は?対策はあるのでしょうか?

髄膜炎で肩こり - 首がコチコチに硬くなり、後頭部に頭痛があり、熱があるときは、ただの肩こりではなく、髄膜炎かもしれません。髄膜炎による肩こりの症状とは?

頭痛で肩こり - 肩こりで悩んでいる方の多くは、頭痛を感じている方も多い。肩こりの原因は?対処法は?その場の対処だけして、肩こりのまま慢性化していても問題ないのでしょうか?

肩こり治療の初診料 - 肩こり治療の初診料が病院によって違うことを知っていましたか?整形外科や肩こり外来へ行く際の参考にしてくださいね。

顎関節症で肩こり - 肩こりに悩まされていて、アゴのあたりに痛みや不自然さがあるとき、もしかしたら顎関節症かもしれません。顎関節症が原因による肩こりの症状とは?

体型や姿勢が原因で肩こり - 何で自分は肩こりになりやすいんだろうと思ったことはありませんか?肩こりにはなりやすい姿勢の他、肩こりになりやすい体型もあるのです。

カテゴリ

原因と対策

肩こりの原因が何らかの病気に起因するケースと運動不足など生活環境で肩こりになっているケースもあると分かっていても、一時的ではなク完全に回復するとは限らない。肩こりを解消するために肩こりの原因と対策を探る。

治療

肩こり治療の方法はさまざまですが、肩こり外来や整形外科、整体、鍼灸、漢方などの医療から診察の受け方まで、私自身の体験談だけでなく家族、友人、知人の体験談などの情報です。

症状

肩こりの症状はさまざまで肩以外の身体の部分に痛みを伴うものが多く、肩こりが何か別の病気の危険信号やメッセージであることが多い。肩こりを解消するだけでなく、肩こり以外の病気の症状にも目を向ける。

注目記事

ストレスやうつ病で肩こり

プロフィール

井上

  • 好きなこと
    街並みめぐり、温泉めぐり
  • 苦手なこと
    スポーツ全般(特に球技)
  • 近況
    社交ダンスを習い始めました

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加